マンスリー絵日記

絵を描くことにコンプレックスがありました。

モノづくりをよくするワタクシだからか
とても驚かれることが多いのですが
絵を描くことはコンプレックスでした。
ただ、いつも描きたい気持ちはあって

先日、思い立って
ハヤテノコウジさんスケッチ講座に参加しました。

自分自身の気持ちが前向きであったこと
ご一緒させていた方たちがとてもよいメンバーだったこと
そして何よりもハヤテノさんの
「自分らしい絵と文字で、自分が楽しめればよい」というとてもラフな
とらえ方をとても素直な気持ちで受け入れることができました。

それ以来、毎日1日1絵続けています。


最初は手帳の片隅に描いていたのですが
今月2月からはマンスリー絵日記にしてみました。


1日1コマ マスを埋めていく
ひと月立った時がとても楽しみです。

ワタクシにとって「イラスト」は
文字と気持ちの狭間とか
写真と文字も狭間とかを埋めてくれるものかなと
そんな風に添えていけたらいいなと思っています。

 

今までも確かにしてはいたのですがより具体的に
『手帳を活用すること』をお伝えしていきたいなと
そんな活動をライフワークにしたいなと準備する中で
文字ばかりの資料を作りながら『イラスト』って大事ね~と
つくづく思いました...がんばろっと

to my mind~手帳について思うこと20180119

Twitterを眺めていてふと目についたこと
確か以前に某雑誌の取材でもたずねられたとき
とても気になったコトバ
『手帳に書くと夢がかなう』
みたいな。。。

もちろん
自分のやりたいコト
叶えたい夢をどんどん書くのは楽しい
後から眺めて気分が上がるのもよいのだけど
その先は。。。
美味しそうなごはんの写真を見るのもよいけど
ホントに食べたらもっとよいと思うけど
そんなことをぼんやりと

思ったことMEMO

最後がこの締めなのは何ともなのだけど
今年は意思表明をきちんとすると決めているので
よきかな

2018の手帳的活動

『来年は「手帳の使い方」とかのお勉強会しよっと。』
と、ひとことTwitterでつぶやいてみたら・・・
続きを読む

お楽しみ手帳

手帳は暮らしをスムーズにしたり
ジブンのやりたいことができる時間を増やすたりするために
便利に使いたいツールのひとつと思っていて実用品のくくりですが。。。
続きを読む